高収入チャットレディ募集

高収入チャットレディ募集 welcome to my site

高収入チャットレディ ごあいさつ

高収入チャットレディ募集のホームページをご覧頂き、ありがとうございます。
最低賃金なんて吹っ飛ばせる高収入なお給料が稼げる!そんなお仕事のご紹介です!


HOME>

高収入チャットレディ募集

チャットレディのお仕事をしてみませんか?
ご自宅のパソコンやスマホからでもお仕事ができます!!
インターネット上で映像を配信するだけなので未経験の方でも簡単に始めることができます。
稼げるライブチャットサイトの紹介をしていますのでよろしければホームページをご覧下さい。m(_ _)m

DXLIVE

在宅でも高収入なお給料を稼ぎたいならここ!

稼げるチャットレディ

ポケットワーク

チャットレディのお仕事は通勤も可能です!

チャットレディの体験談

チャットレディAさんの体験談
脇の下みせてくださいとか、黒いパンプスはいてくださいとか、デニムはいてくださいとか、男性はそれぞれみんな性癖も違うのでAVで解決できない部分を補えているんだろうなと感じています。

チャットレディBさんの体験談
パーティチャットでたくさんの人に覗かれると嬉しい、興奮する、双方向で相手の顔が見えたり2ショットで声が聞こえたりするとなんだか照れる。

デラックスライブ

デラックスライブ
デラックスライブ

アメリカの会社が運営されているライブチャットサイトです

お給料 チャット相手が1人の場合  約5100円/1時間
チャット相手が3人の場合 約15300円/1時間

携帯1つでお仕事開始できるチャットアプリが登場!
パソコンが有れば、10分でチャットレディのお仕事スタート、
チャットレディとしての初期費用、ノルマ等一切無し。
登録お祝い金3万円贈呈キャンペーン実施中!

エンジェルライブ

エンジェルライブ
エンジェルライブ

ライブチャット大手のエンジェルライブ!お客さんも多く、稼ぎやすい!専属契約なら基本報酬もアップします!

専属契約の場合
パーティーチャット時 1時間4500円×参加人数
2ショットチャット時 1時間6000円

基本契約の場合
パーティーチャット時 1時間3600円×参加人数
2ショットチャット時 1時間4800円

チャットレディの登録者数は3万人以上!週1回、1日10分でもOK!運営実績は10年以上の老舗サイトでチャットレディのお仕事をしてみませんか?

チャットピア

チャットピア
チャットピア

人妻専用のライブチャットサイト
ノンアダルトでも大丈夫です!20代から70代までの幅広い年代の女性が活躍しています。ノルマや登録手数料などは一切不要!

お給料
2ショット時 4500円/1時間、パティーチャット時 3000円×入室人数/1時間

スマートフォンからお仕事をして頂くことも可能です。

Topへ >>

ライブでゴーゴー

ライブでゴーゴー
ライブでゴーゴー

ノンアダルト専門のライブチャットサイトなので未経験の方でも安心してお仕事をすることができます

お給料
パーティーチャット時 1時間/最大3360円×入室人数
2ショットチャット時 1時間/最大4200円

24時間いつでもお仕事ができて、直接お客さんと会うことがないので安心ですね。

Topへ >>

高収入チャットレディその他

高収入なお給料を稼ぐことができるお仕事なのがチャットレディというお仕事です!
ご自宅でも高額なお給料を稼ぐことができるお仕事ほそんなにありません、特に必要なスキルも必要としないので未経験の方でもスムーズにお仕事を始めることができます。



チャットピアのチャットレディで高収入!


エンジェルライブのチャットレディで高収入!



最低賃金法(さいていちんぎんほう)は、賃金の低廉な労働者について、事業若しくは職業の種類又は地域に応じ、賃金の最低額を保障することにより、労働条件の改善を図り、もって、労働者の生活の安定、労働力の質的向上及び事業の公正な競争の確保に資するとともに、国民経済の健全な発展に寄与することを目的とする、日本の法律である。
第一章 総則
(目的)
第一条 この法律は、賃金の低廉な労働者について、賃金の最低額を保障することにより、労働条件の改善を図り、もつて、労働者の生活の安定、労働力の質的向上及び事業の公正な競争の確保に資するとともに、国民経済の健全な発展に寄与することを目的とする。
(定義)
第二条 この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
一 労働者 労働基準法 第九条 に規定する労働者(同居の親族のみを使用する事業又は事務所に使用される者及び家事使用人を除く。)をいう。
二 使用者 労働基準法第十条 に規定する使用者をいう。
三 賃金 労働基準法第十一条 に規定する賃金をいう。
第二章 最低賃金
第一節 総則
(最低賃金額)
第三条 最低賃金額(最低賃金において定める賃金の額をいう。以下同じ。)は、時間によつて定めるものとする。
(最低賃金の効力)
第四条 使用者は、最低賃金の適用を受ける労働者に対し、その最低賃金額以上の賃金を支払わなければならない。
2 最低賃金の適用を受ける労働者と使用者との間の労働契約で最低賃金額に達しない賃金を定めるものは、その部分については無効とする。この場合において、無効となつた部分は、最低賃金と同様の定をしたものとみなす。
3 次に掲げる賃金は、前二項に規定する賃金に算入しない。
一 一月をこえない期間ごとに支払われる賃金以外の賃金で厚生労働省令で定めるもの
二 通常の労働時間又は労働日の賃金以外の賃金で厚生労働省令で定めるもの
三 当該最低賃金において算入しないことを定める賃金
4 第一項及び第二項の規定は、労働者がその都合により所定労働時間若しくは所定労働日の労働をしなかつた場合又は使用者が正当な理由により労働者に所定労働時間若しくは所定労働日の労働をさせなかつた場合において、労働しなかつた時間又は日に対応する限度で賃金を支払わないことを妨げるものではない。
(現物給与等の評価)
第五条 賃金が通貨以外のもので支払われる場合又は使用者が労働者に提供した食事その他のものの代金を賃金から控除する場合においては、最低賃金の適用について、これらのものは、適正に評価されなければならない。
(最低賃金の競合)
第六条 労働者が二以上の最低賃金の適用を受ける場合は、これらにおいて定める最低賃金額のうち最高のものにより第四条の規定を適用する。
2 前項の場合においても、第九条第一項に規定する地域別最低賃金において定める最低賃金額については、第四条第一項及び第四十条の規定の適用があるものとする。
(最低賃金の減額の特例)
第七条 使用者が厚生労働省令で定めるところにより都道府県労働局長の許可を受けたときは、次に掲げる労働者については、当該最低賃金において定める最低賃金額から当該最低賃金額に労働能力その他の事情を考慮して厚生労働省令で定める率を乗じて得た額を減額した額により第四条の規定を適用する。
一 精神又は身体の障害により著しく労働能力の低い者
二 試の使用期間中の者
三 職業能力開発促進法 第二十四条第一項 の認定を受けて行われる職業訓練のうち職業に必要な基礎的な技能及びこれに関する知識を習得させることを内容とするものを受ける者であつて厚生労働省令で定めるもの
四 軽易な業務に従事する者その他の厚生労働省令で定める者
(周知義務)
第八条 最低賃金の適用を受ける使用者は、厚生労働省令で定めるところにより、当該最低賃金の概要を、常時作業場の見やすい場所に掲示し、又はその他の方法で、労働者に周知させるための措置をとらなければならない。
第二節 地域別最低賃金
(地域別最低賃金の原則)
第九条 賃金の低廉な労働者について、賃金の最低額を保障するため、地域別最低賃金(一定の地域ごとの最低賃金をいう。以下同じ。)は、あまねく全国各地域について決定されなければならない。
2 地域別最低賃金は、地域における労働者の生計費及び賃金並びに通常の事業の賃金支払能力を考慮して定められなければならない。
3 前項の労働者の生計費を考慮するに当たつては、労働者が健康で文化的な最低限度の生活を営むことができるよう、生活保護に係る施策との整合性に配慮するものとする。
(地域別最低賃金の決定)
第十条 厚生労働大臣又は都道府県労働局長は、一定の地域ごとに、中央最低賃金審議会又は地方最低賃金審議会(以下最低賃金審議会という。)の調査審議を求め、その意見を聴いて、地域別最低賃金の決定をしなければならない。
2 厚生労働大臣又は都道府県労働局長は、前項の規定による最低賃金審議会の意見の提出があつた場合において、その意見により難いと認めるときは、理由を付して、最低賃金審議会に再審議を求めなければならない。
(最低賃金審議会の意見に関する異議の申出)
第十一条 厚生労働大臣又は都道府県労働局長は、前条第一項の規定による最低賃金審議会の意見の提出があつたときは、厚生労働省令で定めるところにより、その意見の要旨を公示しなければならない。
2 前条第一項の規定による最低賃金審議会の意見に係る地域の労働者又はこれを使用する使用者は、前項の規定による公示があつた日から十五日以内に、厚生労働大臣又は都道府県労働局長に、異議を申し出ることができる。
3 厚生労働大臣又は都道府県労働局長は、前項の規定による申出があつたときは、その申出について、最低賃金審議会に意見を求めなければならない。
4 厚生労働大臣又は都道府県労働局長は、第一項の規定による公示の日から十五日を経過するまでは、前条第一項の決定をすることができない。第二項の規定による申出があつた場合において、前項の規定による最低賃金審議会の意見が提出されるまでも、同様とする。
(地域別最低賃金の改正等)
第十二条 厚生労働大臣又は都道府県労働局長は、地域別最低賃金について、地域における労働者の生計費及び賃金並びに通常の事業の賃金支払能力を考慮して必要があると認めるときは、その決定の例により、その改正又は廃止の決定をしなければならない。
(派遣中の労働者の地域別最低賃金)
第十三条 労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律 第四十四条第一項 に規定する派遣中の労働者(第十八条において派遣中の労働者いう。)については、その派遣先の事業(同項 に規定する派遣先の事業をいう。第十八条において同じ。)の事業場の所在地を含む地域について決定された地域別最低賃金において定める最低賃金額により第四条の規定を適用する。 (地域別最低賃金の公示及び発効)

第十四条 厚生労働大臣又は都道府県労働局長は、地域別最低賃金に関する決定をしたときは、厚生労働省令で定めるところにより、決定した事項を公示しなければならない。
2 第十条第一項の規定による地域別最低賃金の決定及び第十二条の規定による地域別最低賃金の改正の決定は、前項の規定による公示の日から起算して三十日を経過した日(公示の日から起算して三十日を経過した日後の日であつて当該決定において別に定める日があるときは、その日)から、同条の規定による地域別最低賃金の廃止の決定は、同項の規定による公示の日(公示の日後の日であつて当該決定において別に定める日があるときは、その日)から、その効力を生ずる。
第三節 特定最低賃金
(特定最低賃金の決定等)
第十五条 労働者又は使用者の全部又は一部を代表する者は、厚生労働省令で定めるところにより、厚生労働大臣又は都道府県労働局長に対し、当該労働者若しくは使用者に適用される一定の事業若しくは職業に係る最低賃金(以下特定最低賃金という。)の決定又は当該労働者若しくは使用者に現に適用されている特定最低賃金の改正若しくは廃止の決定をするよう申し出ることができる。
2 厚生労働大臣又は都道府県労働局長は、前項の規定による申出があつた場合において必要があると認めるときは、最低賃金審議会の調査審議を求め、その意見を聴いて、当該申出に係る特定最低賃金の決定又は当該申出に係る特定最低賃金の改正若しくは廃止の決定をすることができる。
3 第十条第二項及び第十一条の規定は、前項の規定による最低賃金審議会の意見の提出があつた場合について準用する。この場合において、同条第二項中地域とあるのは、事業若しくは職業と読み替えるものとする。
4 厚生労働大臣又は都道府県労働局長は、第二項の決定をする場合において、前項において準用する第十一条第二項の規定による申出があつたときは、前項において準用する同条第三項の規定による最低賃金審議会の意見に基づき、当該特定最低賃金において、一定の範囲の事業について、その適用を一定の期間を限つて猶予し、又は最低賃金額について別段の定めをすることができる。
5 第十条第二項の規定は、前項の規定による最低賃金審議会の意見の提出があつた場合について準用する。
第十六条 前条第二項の規定により決定され、又は改正される特定最低賃金において定める最低賃金額は、当該特定最低賃金の適用を受ける使用者の事業場の所在地を含む地域について決定された地域別最低賃金において定める最低賃金額を上回るものでなければならない。
第十七条 第十五条第一項及び第二項の規定にかかわらず、厚生労働大臣又は都道府県労働局長は、同項の規定により決定され、又は改正された特定最低賃金が著しく不適当となつたと認めるときは、その決定の例により、その廃止の決定をすることができる。
(派遣中の労働者の特定最低賃金)
第十八条 派遣中の労働者については、その派遣先の事業と同種の事業又はその派遣先の事業の事業場で使用される同種の労働者の職業について特定最低賃金が適用されている場合にあつては、当該特定最低賃金において定める最低賃金額により第四条の規定を適用する。
(特定最低賃金の公示及び発効)
第十九条 厚生労働大臣又は都道府県労働局長は、特定最低賃金に関する決定をしたときは、厚生労働省令で定めるところにより、決定した事項を公示しなければならない。
2  第十五条第二項の規定による特定最低賃金の決定及び特定最低賃金の改正の決定は、前項の規定による公示の日から起算して三十日を経過した日(公示の日から起算して三十日を経過した日後の日であつて当該決定において別に定める日があるときは、その日)から、同条第二項及び第十七条の規定による特定最低賃金の廃止の決定は、前項の規定による公示の日(公示の日後の日であつて当該決定において別に定める日があるときは、その日)から、その効力を生ずる。
第三章 最低賃金審議会
(設置)
第二十条 厚生労働省に中央最低賃金審議会を、都道府県労働局に地方最低賃金審議会を置く。
(権限)
第二十一条 最低賃金審議会は、この法律の規定によりその権限に属させられた事項をつかさどるほか、地方最低賃金審議会にあつては、都道府県労働局長の諮問に応じて、最低賃金に関する重要事項を調査審議し、及びこれに関し必要と認める事項を都道府県労働局長に建議することができる。
(組織)
第二十二条 最低賃金審議会は、政令で定めるところにより、労働者を代表する委員、使用者を代表する委員及び公益を代表する委員各同数をもつて組織する。
(委員)
第二十三条 委員は、政令で定めるところにより、厚生労働大臣又は都道府県労働局長が任命する。
2 委員の任期は、二年とする。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。
3 委員の任期が満了したときは、当該委員は、後任者が任命されるまでその職務を行うものとする。
4 委員は、非常勤とする。
(会長)
第二十四条 最低賃金審議会に会長を置く。
2 会長は、公益を代表する委員のうちから、委員が選挙する。
3 会長は、会務を総理する。
4 会長に事故があるときは、あらかじめ第二項の規定の例により選挙された者が会長の職務を代理する。
(専門部会等)
第二十五条 最低賃金審議会に、必要に応じ、一定の事業又は職業について専門の事項を調査審議させるため、専門部会を置くことができる。
2 最低賃金審議会は、最低賃金の決定又はその改正の決定について調査審議を求められたときは、専門部会を置かなければならない。
3 専門部会は、政令で定めるところにより、関係労働者を代表する委員、関係使用者を代表する委員及び公益を代表する委員各同数をもつて組織する。
4 第二十三条第一項及び第四項並びに前条の規定は、専門部会について準用する。
5 最低賃金審議会は、最低賃金の決定又はその改正若しくは廃止の決定について調査審議を行う場合においては、厚生労働省令で定めるところにより、関係労働者及び関係使用者の意見を聴くものとする。
6 最低賃金審議会は、前項の規定によるほか、審議に際し必要と認める場合においては、関係労働者、関係使用者その他の関係者の意見をきくものとする。
(政令への委任)
第二十六条 この法律に規定するもののほか、最低賃金審議会に関し必要な事項は、政令で定める。

Topへ >>

高収入チャットレディの検索とリンク

検索はこちらから



チャットレディ求人 | 在宅バイト | アフィリエイター募集 | チャットガール紹介 | チャット出会い | 求人口コミ | 相互フォロー | 素材フリー | 消費者金融 | ホームページの紹介 | チャット求人 | 求人 | アフィリエイター | WEBサービス | マイストア |

Topへ >>